パンフレットやカタログ、小説やアルバムなどにはムセン綴じ(のり)や中綴じ(ホッチキス)など製本加工が施されています。

中綴じ・・・無線綴じ製本では根元まで開こうとすると、糊がはがれて冊子が壊れてしまう場合もあります。見開きで冊子を根本まで開けるようにしたい写真をレイアウトしてデザインを活かしたいなどページ数の少ない冊子、パンフレットマニュアル会報等に利用されています。

無線綴じ・・・ 無線綴じ製本は本文を表紙でくるみ背の部分を糊で固める製本方法です。
中綴じ製本のように根本まで開くことはできませんが、ページ数の多い冊子、カタログ、テキスト、小説、論文誌などで利用され高級感がでてしっかりとした印象に仕上がります。

チラシ激安印刷中綴じ無線綴じなど製本の加工も承っております。
パンフレット会社案内カタログテキスト教材自分史小説会議資料、アルバムなどの各種対応しておりますのでお気軽にお問合せください。